西条柿

a0024068_4415833.jpga0024068_4422782.jpg



 次々台風が日本を襲いますが皆さんお元気ですか。
10月に入り鳥取県では、長ネギ・新高梨・西条柿の京阪神向けの
出荷が始まりました。こちらは味覚の秋が最盛期です。
美しい日本海・釣り・温泉にグルメに鳥取県は良い季節です。

 昨日福田農園に西条柿の写真を撮りに行く。
写真を撮り終え福田さんと話をしていると
今年は長雨のために柿が乾く暇がなく病気が付いたり玉割れが多いそうです。
猪がよく出て高い所の枝は折って食べるし、届く所は新芽まで食べて
来年は柿の収量が少ないと嘆いていた。

熟練した農家でも大自然の攻撃には打つ手がないようです。

写真は、西条柿とそのあわし柿

-----------------------------------------------------------------

我が伊藤農園では、9月に入りハウス内に撒いた
ほうれん草・小松菜などの野菜が、双葉を出すと一晩で消えている。

 盆頃からハウス内にチョウチョが舞っていてどこかに卵を産み
それがヨウトウ虫となりトマトの木を食い双葉を食べる。
トマトにはアファーム剤を一回散布すれば落ち着くが葉野菜は、どの様な薬を散布しても
収まらない。土の中に隠れているらしい。
それでオルトラン粒剤を機械で撒きもう一度耕運機をかけ種まきをする。
今の所ほうれん草は、3cmぐらいの双葉です。

 今年は未だにチョウチョが飛びかいヨウトウ虫が大発生して野菜を食べつくす。
病気も大発生して野菜が作れないと農家は嘆いています。

 私のハウスは、両側面・出入り口はネットが張ってありますが前後の上にある空気抜けの
窓が開いていてそこからチョウチョだ出入りする。
それで空気抜けの窓に白いネットを張る。
これで来年は無農薬の野菜を作る事ができるでしょう。

 同じように露地で野菜を栽培するには畑ごとネットを掛けます。

この様に私達はチャレンジ精神で難問を超え
日本国民に健康な食料を供給したいです。
[PR]
by WAC06068 | 2004-10-13 17:10 | グルメとレシピ
<< 白兎海岸 ベニアズマの収穫 >>