ワイン作り


スモモをバケツ一杯ほど収穫しても売る気にはならず
かと言って食べきれず毎年の恒例行事でスモモと砂糖を(スモモの重さの半分ほど)
をビンにつめる。

 これで果汁が出て底から無数の泡が発生して3週間ほどで収まる。
これは空中から酵母が入った証拠で3週間ほどすると美しい液体になり
これが自家用ワインです。

 ブドウはじめあらゆる果物でこの様にワインを作ることができます。

 以前は家で酒を作ることは厳しく取り締まられていましたが
最近は、大量に他人に分けたり販売したりしなければ政府も大目に見るようになりました。

 
 これから私の畑ではプルーン・桃など果物を収穫します。
ブドウだけは、買いますが酒作りは私にとっては天下の楽しみです。
[PR]
by WAC06068 | 2004-07-12 18:22 | グルメとレシピ
<< クレオパトラ マグロフィーバー >>