人気ブログランキング |

カテゴリ:大自然と共に( 2 )

熊森協会と有氣農法グループが合同で忘年会

寒い毎日ですがお元気ですか。
正月料理の広告があちこちに貼られ来年の事を思うこの頃です。

2008年は、四柱推命学などから見ると大きな渦の中心になり
今まで当たり前に繰り返していた常識が終わり新しく始まる年にもなるそうです。
新しい時代に向けて来年から激動が始まると言われていますが
皆さんに2009年はどの様な出会いがあると思われるでしょうか。

● 熊森協会と有氣農法グループが合同で忘年会
5日に熊森協会鳥取支部と有氣農法グループ(3名)の農家が、合同で
忘年会を行い松葉ガニと新鮮な野菜を使いかに鍋を囲み多くの話題で盛り上がりました。
私も初物のいちご章姫を差し入れし皆さん義理で味覚検査をされたようです。

熊森協会もこれから会員が増えるでしょうし鳥取県内の各環境団体と
同盟を組んで鳥取県全体の森や湖・海・田畑など浄化し再生させる運動へと
発展するような構想もあるようです。
自慢するようで悪いのですが鳥取は資源の豊かな裕福な土地と思っています。
この豊かを生かすには個人の力を超えていて住民がお互いに協力し合う
必要があるとも思っています。

忘年会ではやはり農家の立場と市民団体の間では熊や猪・鹿などについて
考えが違いますね。その事も話題になりのんびりとした(失礼)熊森協会の
考えと農作物を全滅させられ命さえ危険にさらされている農家の立場では
初めは意見の相違がありました。
また農家側からは「最近の動物は最近の人と同じで親が人の住む土地に
出てはならないと子供に躾をしないから里に出てくる。」とか
「里に出て来て美味しい物を食べつけると山には帰らなくなる。」
などの話も出ていました。

その話を聞きながら「熊も柿を食べたいから里に出てくるので杉を間引い
た後に柿の種や栃の実・どんぐり・栗などを埋め込んでおけばやがては
大きな木に成長して熊森にも餌が豊富になり熊や猪も山に戻るんでは
なかろうか。」などと考えていました。
苗を作って植えるには時間も経費もかかることを思えば楽と思います。

あらゆる分野で公共機関を当てにしないで住民が活動する時代に入った
事を感じています。
皆さんも熊森協会会員に登録されてはどうでしょうか。
(賛同会員年間1000円など)
会員数が多ければ国会とかで発言力が大きくなるそうです。

http://homepage2.nifty.com/kumamori/



● 米ヌカが、手に入らない
石油が値上がりした時から肥料に使う米ぬかの値段が倍になりその上
数量が不足しているらしいようで手に入らなくなりました。
私が使う肥料は米ぬかと菜種油粕が主ですがどちらも倍に値上がりし、
油粕は外国から輸入するのでいつ途絶えるか分かりません。
いよいよ身の回りにある資材を使うようにしなければならないようです。
雑木の小枝・草・落ち葉などを集めなくては。

それとも米作りに取り組んでぬかや籾(もみ)を手に入れますか。
米作りも不耕起栽培と言って土を耕さないで栽培する方法で試してみたいです。
この栽培法で米を栽培すると稲が野生化して虫も病気も付かない元気で
美味しい米ができると聞いています。(野菜作りは耕運していないです)
野菜作りも自然の中で栽培する自然農の時代に入ったように感じるこの頃です。


● いちご
いちご栽培も満足と言うわけではなく多くの点を反省しながら世話をしています。
他の農家よりも出遅れている感じはしていますが、そろそろ出荷できそうです。
構想は来年にあり来年は年中出荷したい(8月は無理かも?)と空想しています。
by WAC06068 | 2008-12-07 20:53 | 大自然と共に

智頭町あしず渓谷の森を見学



日本熊森協会
鳥取支部有志で29日智頭町あしず渓谷に

広がる森を見学しました。

鳥取環境大学の先生も参加され何気ない世間話でも

知性は深く参考になりました。






智頭町のマイクロバスで森の奥地まで登る。

参加者全員寒い中意気軒昂!










谷川沿いに遊歩道を歩きながら

森の清楚で落ち着いた風景を楽しむ。












自然林の渓谷に感銘されるヨーガ講師栃本さん。












谷川の架け橋を恐る恐る渡る。

朝7時から修理されたとか。












遊歩道の側は植林された杉林

川を渡った向い側は、広葉樹が多い自然林です。

自然林に入ると落ち葉が積もり土がスポンジのように

柔らかい。写真は自然林。












皆さんは自然林の素晴らしさに夢中になられる。

私は積もる葉に付いている土着菌採取。












昼ごろあしず渓谷の入り口にある山菜料理店「みたき園」に到着。

山菜料理を楽しむ。

天然の食材と出汁は奥深い味覚!












みやげもの売り場では手作りのこんにゃくやとち餅が、目に入る。




自然林は、地元あしず村共有地でその中には手入れのされていない

杉林が、147haあるそうです。

みたき園で昼食後村の代表の方と自然に話が盛り上がり

「杉林の間伐を熊森協会の人にしてもらえれば嬉しい。」

「杉林を今のまま放置すれば山は死んでしまうし杉も育たない。」

と話しておられました。

参加者からも数多くの提案もあり熱意を感じます。



熊森協会鳥取支部代表は前の片山鳥取県知事の奥さん。

鳥取環境大学から学長さん、教授3名参、山陰新報新聞記者、

鳥取県、鳥取市、智頭町職員や市会議員の方も参加され

かなり大きな運動になりそうな感じがしています。



「森が再生すれば鳥取県も再生する。」

と挨拶され、さすがに県知事の奥さんらしい。



森林のマイナスイオンにたっぷり触れて身も心もリフレッシュしました。



森林の再生と言うと大きな志のように感じますが

「山菜グルメを楽しむ会」と言うのが本音のようです。










by WAC06068 | 2008-11-29 22:14 | 大自然と共に