人気ブログランキング |

カテゴリ:鳥取県の観光( 8 )

梨の花は春の雪

第31回 鳥取県出版文化賞

日本海新聞主催 鳥取県内で著作、印刷、出版された(官公庁出版物以外)単行本の
中から選ばれる。

出版文化賞 「梨の花は春の雪」 松本薫著

=地方で生きる応援歌=
鳥取県西部を舞台にした市民シネマの原作として全国から応募のあった80点の中から
選ばれた。原稿用紙40枚の応募作を長編小説化した。
著者の松本薫さんは、米子市淀江町出身。2000年に「ブロックはうす」で早稲田文学新人賞
を受賞している。

東京でライターをしていた門脇響子は、娘の玲名と共に夫晃弘の出身地・米子市淀江町
で暮らすことになる。
淀江町では義父が脳梗塞の発作で倒れて入院していた。経営していた二十世紀梨の畑は
後継者がおらず義父は、廃園を決断する。
響子は、亡き義母の日記を読み義父母の梨作りに対する情熱と誇りを知り、梨畑を引き継ぐ
決意をする。
春になり雪のように白い梨の花が”幸せの雪”となって振りそそぐ中受粉作業をする響子や
晃弘たち。
「雪って降るだけじゃないのよ、咲く雪もあるのよ。私も初めて知ったんだけどね・・・。」
響子は、新たな希望と夢を見いだす。

過疎化、高齢化、地域の活性化など鳥取県の抱える問題を物語の中に取り入れ、その中
かで生きる人々の姿を明るく平易なタッチで活写、一人の女性の行き方を描くだけではなく
社会的な広がりを持つ作品に仕上げた。

この小説を基に同名の映画は、市民シネマ「梨の花は春の雪」製作実行委員会(長谷川泰二
運営委員長)の手で作製された。地元住民が、脚本、出演者、制作スタッフとして参加した。
(日本海新聞)

「梨の花は春の雪」公式サイト

http://www.nashinohana-movie.com/


楽天ブック「梨の花は春の雪」

http://item.rakuten.co.jp/book/4286719/



【あらためて鳥取を考える機会に 】     松本薫さん談

初めて出した本がこうした賞を頂いたことに感謝しています。
私自身の実家が梨農家で都会から戻ってきて味わった焦燥感をもとに書こうと思った作品です。
鳥取県について改めて考える機会になったと同時に東京一極集中の出版界の状況に対し
地方から発信できる事があると実感できました。
原作が映画となり、さらに小説として再構成する中で多くの人からアドバイスや応援をしても
らったことに感謝しています。創作を通じて小説を書くことの楽しさを教えてもらった気がし
ています。
by WAC06068 | 2008-01-18 19:53 | 鳥取県の観光

アジ釣りに行く

a0024068_2153033.jpg



1年ぶりに海を見たくなり車で25分くらいの所にある浦富海岸の手前田後港へ
釣りに行きました。

5人くらい行く予定でしたが皆急用がありヨガの先生栃本さんと豆アジ釣りに挑戦。
栃本さんは、初めて釣りをすると言うことでさぞかし苦戦されると案じていましたが
仕掛けを海に投げ込むと2匹3匹と釣れ景気が良くて2人とも驚き。
私のほうは仕掛けを海に投げ込んでもしばらくして1匹釣れる程度です。

ヨガで日々体を鍛錬されておられる為か生態エネルギーが、高いと思われます。
私と比べてわずかな差でしょうが、魚にはそれが伝わり集まって来ているようです。
改めて日々の体操は、大切と感じました。

昼バーバキューをする時サビキの仕掛けを海に放り込んで休憩しあげてみると
豆アジが、食われています。
ヒラメが、来ていると思い生きた豆アジを別の竿に仕掛けた針に引っ掛けて底に
沈めしばらくして上げると豆アジは、食われて姿はなく針が、切られていました。

今夜は「ヒラメの塩焼き!」と喜んでいましたが、ヒラメとの対決は、次回になりそうです。
鯛やグレ・カワハギの子供(10cmくらい)も釣れて結構楽しい一日でした。
鯛の子供は、大きくなって醍醐味を味わわせてくれるよう願い海に放しました。

魚のバーバキューのために栃本さんが、高価な「チベットの岩塩」持ってきてくださり
大変美味しかったです。
写真は、アジを釣りあげる栃本さん。
by WAC06068 | 2007-10-05 21:04 | 鳥取県の観光

愛采館が、広くなり再出発!

a0024068_23283560.jpg



一番よく使う百円市の愛采館
6月初めから始めた増築工事が、完成して8月1日初売り出しになりました。
左半分が増築され売り場面積は倍の広さです。

a0024068_23251442.jpg



店の中も今までよりはるかに広くなり新鮮な野菜を求めるお客さんで混雑していました。
素朴な百円市と言うより立派なスーパーです。
農家も新鮮な気持ちで野菜を並べています。

a0024068_23253724.jpg



マグロの解体も実演されて販売されたようですが私が、行った時には終わっていました。
鮮魚の販売も行われています。

a0024068_23263791.jpg



国府町稲葉山にある美歎牧場の直売所も入居しています。
和牛は、少し高いのですが安全で味覚もいい事から人気は、衰えません。
美歎牧場には、焼肉場もあり鳥取平野を見渡しながら食べる焼肉は最高!

このような広い売り場からすれば私の出荷量は、ささやかなものです。
by WAC06068 | 2007-08-01 18:24 | 鳥取県の観光

鳥取環境大学の学生さんと柿収穫祭に参加する

a0024068_3174011.jpg
a0024068_318343.jpg


先週の土曜日18日に中山間地神戸(かんど)で行われた「柿収穫祭」の

イベントに参加しました。鳥取市から南に25分ほど車で走った河原町にあります。



鳥取市立鳥取環境大学の中山間地域応援隊の主催で行われているもので

参加者は、学生、社会人など自由らしいです。

鳥取市の地域通貨で知り合った株元さんの誘いで参加しました。



神戸地区は、桃の産地で有名ですがそこを訪れるのは初めてです。

ふもとまで自分の車で行き、そこからは3軒の農家に分かれトラックや学生の車で登ります。

斜面を切り開いた柿畑には大きな柿が実っています。

ここまで育てるにはそれなりの苦労があったでしょう。



学生さんたちは無償のボランティアであるにもかかわらず熱心に働いておられ感心しました。

写真は、女子学生が私のカメラでかなり撮ってくれたのですが、マクロに

スイッチを入れていてすべてぼけていました。(申し訳ないです)

農家から立派な柿を2袋もお土産にもらいました。(気を使わなくてもいいですよ)



このような助け合いから新しい世の中が生まれるのではないだろうか・・・

などと思いながら、さわやかな一日が終わりました。
by WAC06068 | 2006-11-23 18:46 | 鳥取県の観光

鳥取県中部にある北栄町の農家を見学する

鳥取県中部にある北栄町のニミトマト農家を見学

a0024068_19134986.jpg
a0024068_19141216.jpg



国府町農協トマト部会で鳥取県中部の北栄町へ農業視察に行きました。
ニミトマト農家とほうれん草農家を見学して、さすが鳥取県を代表する
産地だけあり規模と農業技術に感心しました。


東郷湖湖畔にある羽合(ハワイ)温泉で温泉と昼食

a0024068_19242944.jpg

a0024068_19144742.jpg



a0024068_19154111.jpg
a0024068_19161996.jpg


a0024068_1918475.jpg



昼には近くの羽合(ハワイ)温泉の千年亭で風呂に入り松葉ガニの鍋と
和牛の鍋を 食べ放題、飲み放題です。
写真の皿を無限に注文できますが、やはり食べるのには限界がありますね。
松葉ガニは、5日に解禁になり6日に初競り今日7日に初売りという高価な初物です。

私たち庶民は、松葉ガニは高いのでスーパーで北海道産の(同じ)ズワイガニを買います。
やはり松葉ガニは、高価なだけに味覚と実入りのボリュームが違います。

 

同じ東郷湖湖畔にある鳥取県立中国庭園「燕趙園」

a0024068_19201931.jpg
a0024068_19205675.jpg


a0024068_19214872.jpg
a0024068_19223943.jpg


a0024068_19324583.jpg
a0024068_19293049.jpg


a0024068_19304199.jpg
a0024068_19311016.jpg


帰りは同じ東郷湖のほとりにある燕趙園で休憩してコーヒーを飲みました。
みやげ物店「天下市場」には中国の物産がみやげ物として売ってあります。
中国料理店もありここは予約制 だそうです。
久しぶりに農協の奢りで息抜きをしました。
燕趙園の写真が、小さいのはデジカメの電池がなくなり携帯のカメラで撮ったからです。
by WAC06068 | 2006-11-11 06:02 | 鳥取県の観光

美歎牧場の直売所













【美歎牧場の直売所と焼肉レストラン】



 美歎牧場は、私の家から稲葉山に登り車で20分の所にある。

その牧場にもバーべキュー場があり標高300mの高原から国府町の平野を見渡して

焼肉を楽しむのも人気があり年中(冬以外は)満員です。



 ここは鳥取市内と言っても街と田園の境目に当たる若葉台にある焼肉場と直売所です。

ここの焼肉場には、トマト部会の(心だけは)青年達と農協のおごりで「焼肉食べ放題」

に来ています。その直売所に百円市があり以前止めていたと思っていたのですが、

特売日があるから野菜を出荷するように催促の手紙が来ていた。



 それで今でも会員かどうか確認のためにここの百円市を訪問しました。

野菜売り場は、店の外にもテントを張ってかなり広く取ってあります。

国道が、すぐ側を走っているだけに客は多いようです。



しばらく休んでいましたが、また出荷しようと計画中です。





by WAC06068 | 2006-09-30 20:43 | 鳥取県の観光

網代港に釣りに行きました

a0024068_13453032.jpg


a0024068_13455713.jpg


a0024068_13593280.jpg


a0024068_14233850.gif


a0024068_1413156.gif



昨日昼から釣りを楽しもうと釣り道具屋「ポイント&ペッグ」
により準備万端車で30分ほどの所にある網代港に向かう。
あちこちポイントを変えながら川と港の間にある防波堤に腰を落ち着け
サビキと言って小さい針を何本も並べた仕掛けでアジ釣りをする。
針を投げるたびに1匹2匹と針に食いついてくる。
面白いと思い続けているとこの度はあまり餌を多く買わなかったので
餌がなくなる。
周りを見ると観光船が港の出口に向かい走っている。
あたりを水上オートバイが、かなりの数走っていた。
その時ゴーンと大きな音がして「何が起きたのか?」と思ったが
「気のせいか」と思い他の仕掛けで釣りを始める。

そうしていると「観光船に水上オートバイが,衝突した。」と近くの人が、
話している。
観光船のあたりから「救急車を呼んでくれ。」と声が聞こえる。
私は、隣の人に「救急車を呼んでくれと言っていますよ。」
と声をかけ、隣の人は、携帯で電話をしていた。

しばらくして救急車が来て怪我人を病院へ運んでいったようです。
今日8月15日の終戦記念日です。
第二次世界大戦中の大日本帝国海軍には「回天」という魚雷に人が一人乗り
アメリカ海軍戦艦の突撃する特攻隊が,いたそうです。

今の日本にもその様な勇敢な魂があると知り感銘深い一日でした。
私も特攻隊精神で働きたいと思いながら夕日の輝きにまばゆい未来を
感じひたすら国道を走り無事家に着きました。
by WAC06068 | 2006-08-17 20:26 | 鳥取県の観光

「河原町道の駅」を見学する

a0024068_355540.jpg

a0024068_3554613.jpg

a0024068_3531754.jpg
a0024068_3541693.jpg



8月2日に鳥取市の南にある「河原町道の駅」を見学しました。
国道から少し入った所にあり、急速に工事が進む高速道路に面している。


a0024068_4345997.jpg
近くにはハングライダー仲間では有名な霊石山が、あり
日本全国からマニアが集まり大空を飛んで楽しんでいる。
霊石山の頂上には、車で登ることができ頂上からは、
鳥取平野や蛇行する千代川、はるかかなたまで広がる
日本海を見渡す事ができる。
その様な雄大な自然を満喫しながら空を飛ぶのも楽しいと思います。



河原城は、最近観光用に河原町が、建てた城で観光客で賑やかです。

さて「河原町道の駅」の端に野菜の直売所「夢采館」が、建てられている。
「海水浴帰りの客が、スイカをよく買うので出荷しないか。」と言われ
どんな所か見学に来ました。
スイカに限らずトマトや何でもよく売れるそうです。
私の家から距離は、少しありますが、国道(=高速道路)を走るので
時間は、片道25分ほどです。
賀露港にある「かろいち」と合わせて金曜日などの週末に観光客相手に
出荷するのも良いかと感じた。

最近交通事故が多く国道には、出ないのですが、
たまにはドライブをするのも良いようです。
by WAC06068 | 2006-08-04 19:28 | 鳥取県の観光